転職で失敗しないために

ハローワークの営業時間内に行きたいけれど - 転職で失敗しないために

転職で失敗しないために > ハローワークの営業時間

ハローワークの営業時間内に行きたいけれど

ハローワークは厚生労働省管轄の公的機関のため、開いている時間も役所と同じです。
基本的にハローワークの営業時間は平日8時30分から17時30分までです。
土曜日は一部のハローワークのみ10時から17時まで業務を行っています。
都市部だと19時まで利用できるところもありますがこれも一部のハローワークです。
日曜、祝日、年末年始は営業していません。

退職後に仕事探しをするという人にとっては特になんの問題もない営業時間でしょう。
なんとなくハローワークは無職の人向けのというイメージはそのためかもしれません。
また、平日がお休みだという人や、シフト制でスケジュールを調整できる人、有給取得が容易な人も基本的な営業時間内に行くことができます。
午前中や昼過ぎなど割と空いている時間帯を狙って行き、じっくり利用することができます。

逆に平日お仕事の人はなかなかハローワークに行けない、と不満に思っていることでしょう。
職場の人にはまだ知られたくないという場合だとさらに難易度が上がります。
平日は仕事、お休みはカレンダー通りだという人が仕事を続けながらハローワークを利用するのは至難の業かもしれません。
少しでも仕事を抜け出せるようであれば、こっそり紹介状をもらってくればいいのですがそう簡単に抜け出せるものでもないです。
となると、まずは土曜日も営業しているハローワークへ行くという作戦を立てます。
近所にハローワークがあったとしても土曜日はやってないのであればやむをえないとあきらめましょう。
もし遅刻・早退・有給を使えるようであれば「私用」で申請して行くという手もありあす。
ハローワークによっては、昼休み時間も営業している場合があるのでその時間に立ち寄ることもできます。

そして最も確実なのが「夏の長期休暇」を利用することです。
8月にお盆休みやエコ休暇などの名目で夏休みを設けている会社は多いと思います。
自分だけ出勤日になったとしても代休取得しやすい時期でもあります。
その時期もハローワークは営業していますので、この上ないチャンスとなります。
実は、この方法でハローワークに行く人は結構多いのです。
平日ハローワークに行くチャンスということと、ボーナスシーズンが終わって転職を考え始める時期ということが重なって8月のハローワークは混んでいます。
もしかすると同じようにこっそり転職活動をしている同僚の人と合ってしまうことがあるかもしれませんね。

top