転職で失敗しないために

転職活動でもハローワークを利用する - 転職で失敗しないために

転職で失敗しないために > ハローワークを利用する

転職活動でもハローワークを利用する

ハローワークは公共職業安定所です。
全国各地に500箇所以上あるので、身近なところにあるはずです。
厚生労働省という国の機関が運営しているため、さまざまなサービスを無料で受けることができます。

職探しといえばハローワークのイメージが強いでしょう。
しかし職業紹介だけではなく、雇用保険制度の窓口業務も行っています。
雇用保険制度は会社に助成金が支給されたりするのでほとんどの会社が利用しています。
実は人を雇用している側である企業も手続きのために通っているところでもあるのです。

ハローワークでは求人を出す場合も無料です。
企業としても雇用保険の手続きついでに次の求人も出しておこう、と利用しやすいため数多くの求人情報が集まっています。
求人サイトや冊子に求人情報を掲載する場合だと数万から数十万の掲載料がかかるため、コストを抑えたい個人事務所や中小企業はハローワークをメインで利用するケースが多いです。
なおハローワークに集まる全国の求人情報はデータベース化されているため、インターネットからでも見ることができます。

希望条件に合った募集を見つけたら応募しましょう。
ハローワークを利用して求職活動を行うにはハローワークに直接出向いて求職申込みする必要があります。
この点が求人サイトと違ってひと手間必要なところかもしれません。
何かお説教されるんじゃないかと直接手続きに行くのが苦手な人もいるでしょう。
その心配はありませんのでご安心ください。
ハローワークの職員の方々はいわば相談員ですのでお説教されるようなことはありません。

ハローワークに行ったらまず、受付で転職を考えていて仕事を探していることを伝えます。
手続きについて案内してもらえるはずです。
求職申込書というアンケートのような用紙を記入し、窓口に出します。
ハローワークの窓口は混んでいることがあるので、待ち時間を過ごすツールがあると良いでしょう。
インターネットから申込の仮登録ができますので、少しでも時間を短縮したいという場合ば仮登録しておきます。
ハローワークカードが発行され、以降はこのカードを使って手続きを進めます。
すでに希望の求人が見つかっている場合は求人IDを伝えると紹介状を発行してもらえます。

もし、まだ迷っていることがあれば相談してみましょう。
こっそり家族や職場の人間に知られず転職を考えている人にとって相談できる相手は限られてしまいます。
そんな中で話を聞いてくれるハローワーク職員の存在は本当にありがたいことなのです。

top