転職で失敗しないために

転職したいけれど求人情報はどうやって集めるか - 転職で失敗しないために

転職で失敗しないために > 求人情報はどうやって集めるか

転職したいけれど求人情報はどうやって集めるか

転職を行いたいという人にとって29歳と34歳が主なボーダーラインになります。
まったくの別業種へキャリアなしで転職する場合は29歳。
面接でも渋い顔をされることがしばしばあります。
35歳以上になると「長期勤続によるキャリア形成のため若年者等を対象」という条件に阻まれ応募できるところが一気に減ります。
転職は考えているけれどそのうちに、と思っていると後で後悔するかもしれません。

転職活動において最重要ミッションは求人探しです。
お目当ての会社があれば直接問い合わせてみましょう。
会社の公式ホームページがあるならばリクルートページに募集要項や申込方法が記載されています。
募集しているようであれば応募します。

人脈をたどるというのも一つの方法です。
コネがあるからといって必ずしも楽なわけではありませんが、新規開拓する前にあたってみる価値はあります。
求人は出していないけど、1人くらいなら雇えるよと誘ってもらえることがあったりするからです。

まだどの会社にしようか、そもそもどんな会社があるか知らないという場合は手軽にインターネットで検索してみましょう。
「求人」というワードで検索するとほぼ求人サイトのページが上位に表示されます。
CMでもおなじみの大手から地域に特化したサイトまでさまざまです。
いくつかのサイトに会員登録することをおすすめします。
掲載情報は求人サイトによって異なり、たくさん比較して考えるためにも複数登録して情報をもらうようにしましょう。
求人サイトに掲載されている会社は、数万円という掲載料を払っているわけですが、複数の求人媒体を見比べてみるといくつも載せている会社があることに気づくと思います。
それだけの費用をかけられるということは予算に余裕がある会社だからでしょうか?
この求人は業務拡大のために人手がほしいのか、人の入れ替わりが激しい会社なのかを検討する材料になるからです。

ハローワークにも一度行ってみましょう。
ハローワークとはご存じのとおり、厚生労働省が管理している公共職業安定所です。
行政がサービスを行っているので、無料で利用することができます。
民間が運営する求人サイトと違ってメルマガや広告が大量に届くことはありませんから、シンプルに情報がほしいという人にはハローワークがおすすめです。

良い仕事が見つからない、と途中で探すのをやめてしまう人がいます。
せっかくだからうらやましがられるような会社に転職したいな、などと考えていませんか?
有名な会社や大きな会社ばかりが優良企業ではありません。
たとえ零細企業であっても技術力が日本一であったり、素晴らしい経験を得られる会社だってあるのです。
会社の知名度にとらわれず、いろいろな会社に目を向けることで求人件数はずっと増えます。

top