転職で失敗しないために

10年後の自分のための転職 - 転職で失敗しないために

10年後の自分のための転職

「もしかしたら今の仕事よりもっと良い仕事があるんじゃないだろうか。」
ちょっとしたきっかけで転職という言葉が頭をよぎる、ということは誰しも経験があるのではないでしょうか。
スキルアップしたいから、面白そうな仕事を見つけたからというポジティブな理由や、逆に残業が多くて帰りが遅いから、人間関係でうまくいっていないからという現状改善のためということもあります。

きっかけは人それぞれです。
しかし、本気で転職していく人にはある傾向があります。
それは、転職したいという気持ちをむやみに人に言わないタイプの人と、激務を乗り越えて時間的にも精神的にも余裕ができた時期の人です。
「転職したいなあ」と言っているうちはまだ何も行動していないことがほとんどです。
愚痴っぽく言うだけで満足していませんか?
本気で転職したいのであれば「転職しよう!」と行動に移してみましょう。
そして行動するためには時間、気力、体力が必要になってきます。
繁忙期が終わって仕事が落ち着くと、余裕ができたときに自分は転職したかったんだということを忘れてしまっていませんか?
忙しかったけれどやりぬいたなあ、という達成感があれば転職を一旦見送って良いかもしれません。
逆に、もうあんな思いをしたくないと感じるのであれば、転職活動を始めましょう。

転職する、ということはさほど珍しいことではなくなってきました。
教育コストのかからず、即戦力になる経験者は企業としてもほしい人材であり、好条件で中途採用枠を設けているところもあります。
転職して素晴らしい生活を手にしている先輩の体験談を聞いたことがあるかもしれません。

しかし残念ながら、転職で必ずしも成功するわけではありません。
「思っていたのと違った」という理由で転職を繰り返しているケースも多く存在します。
そうならないためにも転職後の仕事について、企業について事前にしっかりリサーチする必要があります。

またあの就職活動の日々が始まるのかと憂鬱な気分になるかもしれません。
しかし、実は学生から社会人になったときと比べてずっとハードルは低いので安心してください。
なぜなら今はキャリアという武器があるからです。
自分ができること、やってきたことを自分は知っているわけです。
もちろんキャリアは必ずしも職務上の技術だけとは限りません。
社会人として培ってきた人脈や観察力、直感だってキャリアです。

転職はそういう武器を装備し、新しい自分に変身するための冒険の旅なのです。
失敗してもゲームオーバーになるわけではありませんのでまずは一歩前進してみましょう。 看護師転職

top